葉酸によって妊娠しやすくなるということはありません。

でも葉酸サプリは葉酸のほか、おおむね体に良い栄養素がバランスよく含んでいる商品が多いので、妊娠前から摂るのは理にかなっています。

 

2000年から厚生労働省は摂取を推奨していることもあり、飲んでいると気持ちが安心するということもあるでしょう。

 

もっと大事なことは、妊娠初期の4〜5週に赤ちゃんに必要な器官が形成される時期だという点です。

 

この時期に葉酸を取っていることで、神経管閉鎖障害の危険を避けられる可能性が非常に高くなります。

 

そもそも一般的に6週目ごろ妊娠に気づくため、妊娠に気づいてから葉酸を摂るのでは、少々遅いとも言えるため、妊娠前から摂るのが望ましいというわけです。

 

さらに授乳中も葉酸を摂った方がいいですね。

 

 

 

葉酸サプリは、いつから飲むの?いつまで飲むのか?葉酸を摂ることが望ましい期間という意味では、妊娠する前から卒乳まです。

 

授乳中は、妊娠中ほどではないにしても妊娠前よりは多めの葉酸が必要です。

 

授乳期が終われば、ふだんの食事で栄養のバランスが良ければ、成人女性の通常の葉酸摂取量は可能だと思いますので、サプリメントで増やさなくても良いでしょう。

 

もっとも各栄養の推奨値を満たす食事は、実現が難しい方が多いと思います。

 

産後、授乳が終わるにしても離乳食の作り置きはなかなか大変ですし、まだ夜泣きがあるでしょうし、なおさら自分の食事を丁寧に準備するのはそんな簡単ではないですよね。

 

そういった意味で、妊娠中と同量の400μgまでは不要ですが、ご自身の食事との兼ね合いで少しの葉酸サプリを続けてもいいだろうなと思います。

 

特に葉酸以外の、たとえば美容成分を含んだ商品であれば、ほそぼそでも継続することで産後のお肌のトラブル防止に良いと思います。

 

 

 

葉酸サプリをいつから飲むのかしらという方は、厚労省のサイトによると妊娠前と書かれていますが、出産時期に合わせて妊娠中期から飲むと、うっかり勘違いされる方が案外います。

 

それでは肝心の神経管閉鎖障害のリスクを下げる効果が薄いので、妊娠する前から飲みましょう。

 

もちろん、葉酸サプリを飲んでない人は、もっとリスクが高まりますよ葉酸サプリなら何でもいいから早く飲みなさい、と言いたいところですが、葉酸にも品質の高い低いがあるので、購入価格が安いと言ってもむやみに手は出せないですよ、怖くて。

 

ですから市販のピジョンは止めさせたことがあります。

 

それといつまで飲むかと言えば、授乳が終わるまでですね。

 

注意点が1つあって、妊娠後期からは特に飲みすぎ注意です。

 

葉酸サプリだけの摂取量は1000μg以下にします。

 

毎日のように葉酸サプリだけで1000μg超を続けると3歳を過ぎてから喘息を発症する場合があるようです。

 

プレミン葉酸サプリの評価とは?

 

 

妊娠を予定される女性に必要だと言われる葉酸は、胎児の器官が作られ始まる時期になくてはならない栄養で、妊娠に影響するものではありません。

 

でもたくさんある葉酸サプリのうち、妊活に影響するよう女性と男性の体づくりに貢献できると考えられる成分を配合している商品もあります。

 

その素材はマカで、これを配合する葉酸サプリはおすすめです。

 

マカは栄養が豊富で、女性ホルモンを増やす働きもあります。

 

アミノ酸やミネラルもバランスよく含まれていてホルモンバランスの安定に一役買っています。

 

女性ホルモンの一つであるエストロゲンに似ている作用をする植物性エストロゲンが含まれているので、女性が好調になる効果が期待できるようです。

 

 

 

やっと妊娠できたと効果を実感できるのは、容易なことです。

 

男性も含めて口コミで人気の葉酸サプリは、ベルタ、dhcとありますが、後発組ながら人気が上がっている葉酸サプリにマカナという妊活サプリともいえる商品があって、妊活中に効果的な飲み方で継続することで、「ああ、今月も生理が来た」とため息をついた妊活期間も忘れるほどの喜びで満たされます。

 

とは言え、それでおしまいではありません。

 

妊娠初期こそ大事な時期ですので、葉酸と他のビタミンなど、そういった成分が含まれる葉酸サプリを選んで継続する方が、途中で商品の見直しや切り替えをする必要がなくて済みますね。