葉酸はビタミンの仲間で、B群に属します。

水溶性で、ビタミンB12とともに血液を作るのに役立ちます。

 

ビタミンとは、それぞれの相互作用で効果が期待できるもので、一つを単独で摂るより多種をまんべんなく摂った方が推奨されています。

 

相性の良いビタミン同士を取らなければ、葉酸だけをたくさん摂っても期待する効果は実現できず、場合によっては効果なしとなりかねません。

 

妊活中の女性は、妊娠時の胎児の神経管閉鎖障害のリスクを下げるという効果を期待し、食事からとれる葉酸とは別に1日あたり400マイクログラムの葉酸をサプリメントなどで摂りなさいと厚生労働省から通知されました。

 

しかし、葉酸の過剰摂取は、ビタミンB12欠乏症との判別が難しいので、やはり過ぎたるは及ばざるがごとしです。

 

そういったこともあり葉酸の1日の摂取量は、下限値も上限値も設定されています。

 

 

 

葉酸サプリをいつから飲むのかしらという方は、病院の医師は、早くからとアドバイスしているはずですが、出産時期に合わせて妊娠中期から飲むと、うっかり勘違いされる方が案外います。

 

そのタイミングでは遅すぎて、無脳症や二分脊椎を避ける効果が小さくなってしまいますから、妊娠する前から飲みましょう。

 

もちろん飲んでないという方は、障害のリスクが飲んでいる方より大きくなります。

 

ただし、葉酸サプリの名前があればどれでもいいから、ではないです。

 

葉酸にも品質の高い低いがあるので、購入価格が安いと言ってもむやみに手は出せないですよ、怖くて。

 

ですから市販のピジョンは止めさせたことがあります。

 

いつまで飲むのかは、卒乳までと覚えておきましょう。

 

注意点が1つあって、妊娠後期からは特に飲みすぎ注意です。

 

葉酸サプリだけの摂取量は1000μg以下にします。

 

毎日のように葉酸サプリだけで1000μg超を続けると3歳を過ぎてから喘息を発症する場合があるようです。

 

 

 

ベルタ葉酸サプリ販売ページでは、妊活として男性も葉酸を摂るよう勧めている情報があります。

 

それは、アメリカの研究チームが「葉酸を摂取することで精子の染色体異常が少ない」と発表したことを根拠にしています。

 

しかし、日本ではそういった研究報告がないですし、厚生労働省も特に認めていることではありません。

 

そういったことから「元気な赤ちゃんのために男性も葉酸を摂りましょう」というのは、正しいとは言えません。

 

ただし、厚生労働省は成人男性における葉酸の摂取推奨量の指標はあります。

 

一般的な食事からとる前提で240μgです。

 

ということは、普通に食事をすれば推奨量は摂ることができるので栄養補助食品はいらないですし、逆に食事でこれだけの葉酸を推奨量を満たしていないなら葉酸サプリメントで補充した方が良いでしょう。

 

さらに国立研究開発法人科学技術振興機構から発信されている情報で、葉酸を摂ることは致死的心筋梗塞発症危険を軽減させる可能性があること、また葉酸がホモシスティンという物質を減らすことになり、それは心筋梗塞、アルツハイマー病、鬱血性心不全、骨粗鬆症による骨折などの発症リスクを下げる事が期待できるという見解があります。

 

ということは、摂取の上限に注意しつつ、葉酸は積極的の摂って損はないということになります。

 

 

 

葉酸はいつまで飲むのか、あなたはいつまで飲みましたか?妊娠初期に赤ちゃんの器官が形成されるので、その時期は間違いなく必要です。

 

そして妊娠中期になっても妊娠初期より量は減らしても摂るべきです。

 

ベルタなので葉酸サプリは、不要とお考えの女性もいますが、実際、厚生労働省が勧める葉酸量を食事だけでとるのは、とても難しいです。

 

それぞれの食材に含まれる葉酸量の決して多くはないですし、葉酸量だけ意識した食事では、栄養バランスが悪くなります。

 

もちろん葉酸サプリは取るのが簡単だからと言って、規定量より多く飲むのは良くないことです。

 

葉酸の1日あたりの摂取量は、推奨値に加減も上限の定められています。

 

1日あたり900〜1000μgという上限値を超えた飲み方を続けたことで、生まれた子供に喘息が発症したという症例があったからです。

 

でも心配には及びません。

 

一般的にバランスが良いと言われる食事でさえ摂れる葉酸は、1日あたり240μg程度、葉酸サプリでもほとんどの商品で400μgですので、暴飲暴食や規定以上の摂取をしなければ、900マイクログラムを摂ることはほぼできません。

 

 

 

男性も妊活中に葉酸サプリを摂ろう言う意見は、医学的な根拠はありません。

 

葉酸は、胎児の器官を作る時期に葉酸が不足すると神経管閉鎖障害のリスクが生まれるので、それを予防するため女性に効果があるとされている栄養素だからです。

 

いつから飲むかと言えば、妊娠をする前から摂ってこそ効能があるものです。

 

それは男性と女性の決定的な差ですね。

 

妊娠しない男性が飲んでいないのは、特に支障はありません。

 

そもそも男性が葉酸を摂取することのメリットはありません。

 

でも成人男性の葉酸の推奨量は、1日あたり240μgとされているので、この分は確保する必要があります。

 

普通の食事で摂れる量とされていますが、その男性が、もし偏食気味であれば、葉酸サプリなどで補ってもいいでしょう。

 

ただし、摂取上限量を超えてはいけません。

 

副作用の危険があります。

 

葉酸の摂取上限量は、18〜29歳で900μg、30〜69歳で1000μgです。

 

むしろ男性には、マカなどの栄養素材を使ったサプリの方がおすすめです。