葉酸サプリは飲んでない、あるいはいつから飲む?という人は、病院の医師は、早くからとアドバイスしているはずですが、出産時期に合わせて妊娠中期から飲むと間違った認識の人が多いです。

それでは肝心の神経管閉鎖障害のリスクを下げる効果が薄いので、キチンと妊活中から飲みましょう。

 

もちろん飲んでないという方は、障害のリスクが飲んでいる方より大きくなります。

 

葉酸サプリなら何でもいいから早く飲みなさい、と言いたいところですが、葉酸にも品質の高い低いがあるので、相場よりお安い商品は、私だったら家族や友人には絶対勧めないですね。

 

ですから市販のピジョンは止めさせたことがあります。

 

いつまで飲むのかは、卒乳までと覚えておきましょう。

 

ただし、妊娠後期からは葉酸サプリで1000μg超の摂取はしないようにしてください。

 

1000μgを超えて継続的に摂取すると、出産数年後に喘息になった症例があったようです。

 

 

 

葉酸はビタミンの仲間で、B群に属します。

 

水溶性で、ビタミンB12と一緒に作用して血液を作るのに役立ちます。

 

そもそもビタミン類は互いに協力して働くことことで効果が生まれるものなので、一つを単独で摂るより多種をまんべんなく摂った方が推奨されています。

 

協力関係にあるビタミン類と摂ることを前提とし、葉酸だけ一生懸命になっても期待する効果は実現できず、場合によっては効果なしとなりかねません。

 

妊活中または妊娠中の女性は、神経管閉鎖障害のリスクを低減させるため、食事からとれる葉酸とは別に1日あたり400マイクログラムの葉酸をサプリメントなどで摂りなさいと厚生労働省から通知されました。

 

ただし、葉酸を過剰に摂取すると、ビタミンB12欠乏症との判別がしにくくすることもあるので、やはり過ぎたるは及ばざるがごとしです。

 

そういったこともあり1日あたりの葉酸について、摂る量の下限値も上限値も設定されています。

 

 

 

妊娠の喜びを知ることは、容易なことです。

 

男性も含めて口コミで人気の葉酸サプリは、エレビットで、後発組でも最近人気の葉酸サプリにマカナという妊活サプリともいえる商品があって、葉酸サプリならではの正しい飲み方で飲み続け、精神的なプレッシャーも大きかった時期は忘れるほどの喜びで満たされます。

 

妊娠した後は、鉄分やカルシムなども欲しいですし、妊娠初期こそ大事な時期ですので、葉酸と他のビタミンなど、そういった成分が含まれる葉酸サプリを選んで継続する方が、妊娠後に商品を変える必要もないのでお勧めですよ。

 

 

 

葉酸に妊娠を促す作用はありません。

 

でも葉酸サプリは葉酸のほか、良いバランスでビタミン、ミネラルなどが含んでいる商品が多いので、妊活中から飲むというのは合理的です。

 

2000年から厚生労働省は摂取を推奨していることもあり、飲むことで安心できる側面もあります。

 

もっと大事なことは、妊娠初期の4〜5週に赤ちゃんに人として必要な器官が作られる時期という点です。

 

このタイミングで葉酸を取っていれば、神経管閉鎖障害の危険を避けられる可能性が非常に高くなります。

 

そもそも一般的に6週目ごろ妊娠に気づくため、その時から葉酸を飲みはじめるのでは、少々遅いとも言えるため、妊娠前から摂るのが望ましいというわけです。

 

さらに授乳中も葉酸を摂った方がいいですね。

 

 

 

葉酸サプリは、いつから飲むの?いつまで飲むのか?葉酸の働きを期待するためという意味では、妊娠する前から卒乳まです。

 

授乳中は、妊娠中ほどではないにしても妊娠前よりは多めの葉酸が必要です。

 

授乳期が終われば、ふだんの食事で栄養のバランスが良ければ、成人女性の通常の葉酸摂取量は可能だと思いますので、サプリメントで増やさなくても良いでしょう。

 

ただ、バランスの良い食事というのが、実現が難しい方が多いと思います。

 

産後、授乳が終わるにしても離乳食の作り置きはなかなか大変ですし、まだ夜泣きがあるでしょうし、丁寧に自分の食事を用意する、仮に用意できてもゆっくり食べるなんて、そんな簡単ではないですよね。

 

ですので、妊娠中より少なくていいのですが、ご自身の食事との兼ね合いで少しの葉酸サプリを続けてもいいだろうなと思います。

 

特に葉酸以外の、たとえば美容成分を含んだ商品であれば、ほそぼそでも継続することで産後の乾燥肌対策とか、そういった目的でいいと思いますよ。