葉酸はビタミンB群に属するビタミンです

水に溶ける性質を持ち、ビタミンB12とともに血液を作るのに役立ちます。

 

ビタミンとは、それぞれの相互作用で効果が期待できるもので、一つを単独で摂るより多種をまんべんなく摂った方が推奨されています。

 

相性の良いビタミン同士を取らなければ、葉酸だけ一生懸命になっても期待する効果は得られないないということです。

 

妊活中または妊娠中の女性は、神経管閉鎖障害のリスクを下げるという効果を期待し、食事からとれる葉酸とは別に栄養補助食品から1日400μgの葉酸を摂るようにと厚生労働省から通知されました。

 

ただし、葉酸を過剰に摂取すると、別の病気(ビタミンB12欠乏症)と区別が難しいので、やはり過ぎたるは及ばざるがごとしです。

 

そういったこともあり葉酸の1日の摂取量は、下限値も上限値も設定されています。

 

 

 

葉酸サプリはいつからいつまで飲めばいいの?葉酸を摂ることが望ましい期間としては、妊活中から授乳中までです。

 

授乳中は、妊娠中ほどではないにしてもそうでないときよりも多くの葉酸を必要とします。

 

卒乳をすれば、バランスのよい食事を摂ることで、厚生労働省が推奨する成人女性の摂取量は摂れる見込みがありますので、栄養補助食品は不要です。

 

ただ、バランスの良い食事というのが、実現が難しい方が多いと思います。

 

赤ちゃんの面倒も見なくてはいけないのに、丁寧に自分の食事を用意する、仮に用意できてもゆっくり食べるなんて、大変になることでしょう。

 

そういった意味で、妊娠中と同量の400μgまでは不要ですが、ご自身の食事との兼ね合いで少しの葉酸サプリを続けてもいいだろうなと思います。

 

特に葉酸以外の、たとえば美容成分を含んだ商品であれば、ほそぼそでも継続することで産後の乾燥肌対策とか、そういった目的でいいと思いますよ。

 

 

 

葉酸サプリをいつから飲むのかしらという方は、厚労省のサイトによると妊娠前と書かれていますが、出産時期に合わせて妊娠中期から飲むと、うっかり勘違いされる方が案外います。

 

それでは肝心の神経管閉鎖障害のリスクを下げる効果が薄いので、妊娠する前から飲みましょう。

 

もちろん、葉酸サプリを飲んでない人は、もっとリスクが高まりますよ葉酸サプリなら何でもいいから早く飲みなさい、と言いたいところですが、葉酸は、スイス製は高品質で、中国/韓国製は粗悪ではないが低品質という評判があるので、相場よりお安い商品は、私だったら家族や友人には絶対勧めないですね。

 

ですから市販のピジョンは止めさせたことがあります。

 

それといつまで飲むかと言えば、授乳が終わるまでですね。

 

注意点が1つあって、妊娠後期からは特に飲みすぎ注意です。

 

葉酸サプリだけの摂取量は1000μg以下にします。

 

毎日のように葉酸サプリだけで1000μg超を続けると出産数年後に喘息になった症例があったようです。

 

 

 

妊活のために葉酸サプリを、というのは、大きな疑問があります。

 

だって葉酸では妊娠できないですから。

 

成人男性や成人女性には、様々な栄養素を摂取するにおいて推奨量が厚労省から提示されていますが、それは一般的に普段の食事で摂れると言われるレベルで、わざわざサプリメントで摂るほどの話ではありません。

 

もちろん、偏食なのでサプリメントで推奨摂取量を確保するという考え方もあるでしょうが、健康な夫婦に向けて「赤ちゃんが欲しいなら葉酸サプリを」、というのは、見方によっては「妊娠するために葉酸が不可欠」とも読めるので、こういった表現は、あくまでも私個人の感想ですが、ちょっと嫌らしいなと感じます。

 

エレビットの商品レビューをしている個人サイトの中には、そんなアプローチしている人もいて、「夫婦で葉酸サプリを飲まないと赤ちゃんはできない」などとド・ストレートなご表現をしておらず、「一般論として葉酸という栄養素の大切ですよ」という感じです。

 

葉酸だけでは妊娠できないですから、マカなど健康づくりに飲んで良い素材とかを紹介した方がよほど価値がある提案だと思います。

 

 

 

ベルタ葉酸サプリ販売ページでは、妊活として男性も葉酸を摂るよう勧めている情報があります。

 

その根拠は、「葉酸が精子の染色体異常を減らす働きがある」とアメリカの研究者が報告したことです。

 

しかしながら日本の研究者からは、同様の研究報告がありません。

 

また、厚生労働省も認めていません。

 

ですから「元気な赤ちゃんが欲しいなら男性も葉酸を摂った方が良い」というアプローチは、ちょっと眉唾ものですね。

 

ただ、「日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要」(厚生労働省)によると成人男性における葉酸の摂取推奨量の指標はあります。

 

一般的な食事からとる前提で240μgです。

 

ですから、食事でこれだけの葉酸が摂れていればサプリメントは不要で、食事で推奨量を満たしていないなら葉酸サプリメントで補充した方が良いでしょう。

 

それと、国立研究開発法人科学技術振興機構による情報には、葉酸を摂ることは致死的心筋梗塞発症リスクを小さくできる可能性があり、また葉酸がホモシスティンという物質を減らすことになり、アルツハイマー病、心筋梗塞、骨粗鬆症による骨折、鬱血性心不全などの発症リスクを下げる可能性を示すという報告があります。

 

つまり、葉酸は摂取上限量(18〜29歳900μg、30〜69歳1000μg)に注意したうえで、積極的の摂って損はないということになります。