口コミを鵜呑みにするのは良くありません。

良い口コミでも悪い口コミでもその人にとっての事実だとは思いますが、見方考え方には個人差がありますし、葉酸サプリも飲んだ感じや嗅いだ匂いだけでなく、ご自身の体がそれを受け付けるかどうかにも個人差はあります。

 

その口コミを見た人も同じ体験になるかと言えば、そうとは限らなないという点を前提に参考程度で見るのは悪くないと思います。

 

また、口コミを利用して商品の評価を意図的に左右させることも考えられます。

 

評価の高い口コミをたくさん掲載したり、芸能人などを前面に出して純粋に利用者の場合もあるでしょうが、わざわざ見せることで「作った感」を感じてしまいますね。

 

時に自社商品を良く魅せるため、もしくはライバル製品の評価を下げるために架空の物語にしているかもしれません。

 

何でも深読みするのは面倒ですが、葉酸サプリでいうと母体と赤ちゃんを守るために必要なことだと思います。

 

 

 

Amazonランキング4位のビーンスタークマム 毎日葉酸+鉄これ1粒は、女性のためのチュアブルタイプ・タブレットです。

 

噛んでも舐めてもおいしいですよ。

 

1日1粒で葉酸400μgが摂れますので、妊活中から飲んでもらった方が良いです。

 

それに鉄13mgで妊娠期の不足気味を解消します。

 

ビタミンB群も配合されているのはうれしいですね。

 

たとえ、Amazonランキング上位の葉酸サプリだとしても、原材料の原産国や最終加工国を公開していなければ、少なくても身内には飲んでほしくないと思います。

 

 

 

葉酸サプリのおすすめ市販品は、楽天やamazonで簡単に買うことができますね。

 

今までは、ピジョン、dhcなどが人気のようです。

 

葉酸を摂るためのサプリなので、葉酸が含まれているのは当然として、中には妊娠しやすい体づくりの名目でマカが含まれている商品もあります。

 

また、妊婦となれば、鉄分やカルシム不足が心配なので、それら成分があった方がいいですね。

 

結局、人気ランキングで目星をつけて、最後の成分を確認して選ぶというパターンが多いようです。

 

もし、ランキング上位でもお勧めできない葉酸サプリもあります。

 

葉酸が、天然のポリグルタミン酸型の商品です。

 

なぜなら天然型は吸収率が高くなく、合成型の吸収率は80%であることが、その理由です。

 

 

 

葉酸摂取が目的のサプリは、たくさんの商品が販売されているので、どれか1つを選ぶ時に口コミなどを参考にして選ぶこともあるでしょう。

 

それでも良いと思いますが、最終的に選ぶ前に成分をチェックをお忘れなく。

 

肝心の葉酸量は、400マイクロミリグラムが1つの目安です。

 

種類は、天然のポリグルタミン酸型ではなく、合成されたモノグルタミン酸型にします。

 

それの吸収率は80%ということで厚生労働省も推奨しています。

 

次にサポート成分として、鉄分とカルシウムは欲しいですね、妊娠した母体は不足気味になるからです。

 

それと赤ちゃんのために発育サポート成分も欲しいです。

 

人気ランキングから商品を選ぶ時は、価格だけでなくこのように母体と胎児のためになる含有成分にも注意しましょう。

 

 

 

Amazonランキング3位の小林製薬 葉酸 鉄 カルシウムは、480μgもの葉酸が、3粒で摂れます。

 

厚生労働省が報告する2015年度版の「日本人の食事摂取基準」によると、妊娠を希望しているなら400ug、妊娠中なら480ug、授乳中の女性は340ugの葉酸をふだんの食事とは別に1日に摂ることを勧めています。

 

葉酸480μgを含みますので、妊娠前から授乳中まで調節しながら飲めます。

 

楽天のランキングには、他の市販品が入っています。