葉酸サプリのおすすめ市販品は、楽天やamazonで手軽に購入できます。

ベルタ、afcのmiteteは人気のようです。

 

葉酸を摂ることが目的なので、葉酸が含まれているのは当然として、中には妊娠しやすい体づくりの名目で様々が成分が含まれています。

 

また、妊婦となれば、鉄分やカルシム不足が心配なので、それら成分があった方がいいですね。

 

ランキングや口コミで大方を決めて最後の成分を確認して選ぶというパターンが多いようです。

 

ご自身なりの根拠があったにせよお勧めできない葉酸サプリもあります。

 

葉酸が、天然のポリグルタミン酸型の商品です。

 

なぜなら天然型は吸収率が高くなく、吸収率80%の合成型と比べると、その差が大きいからです。

 

 

 

葉酸サプリ選びの基準は人気商品であることと考える人は、うっかりすると見かける頻度の高い商品を選ぶ傾向にあります。

 

たとえば、アロベビーとかはぐくみなどは、ブログやTwitterで紹介する人が多いので、「葉酸サプリ」で検索すると目につきやすい商品です。

 

他にも実店舗での市販品から人気商品を探ろうとするとどうしてもお店のおすすめポップなどで目立っている商品を見つけやすくなりますね。

 

ただ、見かける頻度の高い商品が人気も高いというのは、正しいとは言えない基準です。

 

もっとも葉酸サプリは選び方が重要ではなく、含有する成分の種類や量が適切であること、休まずに飲めることが大切で、商品ごとの効果の差は気にしなくてもいいので、あまり深刻に考えなくても大丈夫です。

 

 

 

Amazonランキング1位のピジョンの葉酸カルシウムプラスは、妊娠を希望する女性に必要な葉酸400μg、カルシウム160mg、鉄10mg、その他ビタミンB群が、1日2粒でとれます。

 

日本人の女性が飲みやすいように、そして続けやすいように小さめ粒にしてあります。

 

ちなみにベルタは、楽天ランキングで上位です。

 

 

 

小林製薬から販売される『葉酸 鉄 カルシウム』は、アマゾンの売れ筋ランキング3位で、1日3粒で葉酸480μgが摂れます。

 

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」では、妊娠を希望しているなら400ug、妊娠中なら480ug、授乳中なら340ugの葉酸をふだんの食事とは別に1日に摂ることを勧めています。

 

そのためどの時期でも調節できるわけです。

 

楽天のランキングには、他の市販品が入っています。

 

 

 

DHC『ヘム鉄』はアマゾンの売れ筋ランキング2位ですが、葉酸サプリというよりは鉄分サプリですね。

 

鉄分とは、ヘム鉄(肉や魚などの動物性食品に多い)と植物性の非ヘム鉄の2種類あります。

 

吸収率は、非ヘム鉄よりヘム鉄の方が高いですし、タンニン(お茶、コーヒーなど)に邪魔されないと知られています。

 

さらにDHC『ヘム鉄』には、葉酸とビタミンB12を配合しています。

 

鉄不足になりがちな妊娠中の女性や育ちざかりの方におすすめです。

 

楽天のランキングには、miteteなどが入っています。