葉酸摂取が目的のサプリは、

たくさんの商品が販売されているので、どれか1つを選ぶ時に人気ランキングなどの上位商品から選ぶこともあるでしょう。

 

それでも良いと思いますが、最後決定の前には含有成分の種類をチェックしましょう。

 

肝心の葉酸量は、400μgが厚生労働省が推奨する基準です。

 

そして種類は、天然型ではなく合成されたモノグルタミン酸型にします。

 

吸収率の差(天然型50%、合成型80%)が大きいからです。

 

多くのメーカーはモノグルタミン酸型の葉酸を採用しています。

 

後は、葉酸以外の栄養素ですが、鉄分とカルシウムは欲しいですね、母体の健康を維持するためです。

 

それと赤ちゃんのために発育サポート成分も欲しいです。

 

ランキングや口コミを見て選ぶなら価格だけでなくこのように母体と胎児のためになる含有成分にも注意しましょう。

 

 

 

小林製薬から販売される『葉酸 鉄 カルシウム』は、アマゾンの売れ筋ランキング3位で、480μgもの葉酸が、3粒で摂れます。

 

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」では、妊娠を希望しているなら400ug、妊娠中なら480ug、授乳中なら340ugの葉酸を栄養補助食品で摂ることを提言しています。

 

そのためどの時期でも調節できるわけです。

 

ちなみに他の市販品は、楽天ランキングで上位です。

 

 

 

Amazonランキング4位のビーンスタークマム 毎日葉酸+鉄これ1粒は、お母さん向けのチュアブルタイプのタブレットです。

 

舐めても噛んでも自由な商品です。

 

1日1粒で葉酸400μgが摂れますので、妊活中から飲んでもらった方が良いです。

 

それに鉄13mgで妊娠期の不足気味を解消します。

 

ビタミンB群も併せて摂れます。

 

個人的には、楽天のランキング上位だからとはいえ、素材の原産国や最終加工国まで公表していない葉酸サプリは、効果も不明瞭ですしおすすめできないですね。

 

 

 

プレミン、afcのmitete、dhc、ベルタなど話題の葉酸サプリを比較しましょう。

 

比較のポイントは成分、価格、口コミが中心です。

 

任角柱・妊娠中の女性の多くが医師などに勧められて飲むようになった人気の葉酸20商品を比較して購入数ランキング、飲みやすさランキング、価格順ランキング一覧から選ぶことができます。

 

 

 

妊活中に葉酸サプリは人気商品から選びたいと思うとき、どうしてもよく目にする商品を選びがちです。

 

たとえば、ベルタ、afcのmitete、dhcなどは、ネット上で紹介するサイトが多いため「葉酸サプリ」で検索すると目につきやすい商品です。

 

あるいは、ドラッグストアなどで探した場合、どうしてもお店のおすすめポップなどで目立っている商品に目が行ってしまいます。

 

このようによく目にするから人気があるというのは、おすすめできない判断の仕方と言えます。

 

ただ、葉酸サプリは正しい成分を含有し、休まずに飲めることが大切で、商品ごとの効果の差は気にしなくてもいいので、それほど神経質にならなくても良いでしょう。