アマゾンや楽天でもアロベビー葉酸サプリは販売されていますので、それぞれのポイントが利用して購入できます。

福袋販売はないですが、2袋を購入するとおまけで1袋付いてくるので、その点はありがたいですよね。

 

利用者の口コミもあるので参考にはなりますが、口コミは、あくまでもその人の感想に近いもの。

 

味、匂い、飲みやすさなどの感覚は、すべての人が同じということはないでしょうね。

 

そのためにも定期購入で1袋を入手して、数日間試してみて続けるのが難しいようであれば、15日以内に返金を申し込みましょう。

 

続けられそうであれば、妊活中から妊娠初期までフル(400μg/日)に飲んで、妊娠4か月から出産するまでは、1日あたり240μg、授乳中は100μgを目安に継続しましょう。

 

つまり、いつまで飲むかと言えば卒乳までが理想です。

 

 

 

マカナは、妊娠しやすい体づくりにも貢献できる妊活サプリです。

 

なぜなら妊娠初期のための葉酸、妊娠中期以降のために鉄分が配合されているのは当然として、日本産のマカ、スピルリナ、亜鉛も配合しているからです。

 

マカは、体を温めてめぐりを良くすることができます。

 

スピルリナは50種類以上のアミノ酸、ミネラル、ビタミンなどの栄養成分を含んだスーパーフードとして有名で、世界的にも認められた藻類に属する食品です。

 

亜鉛も女性の身体に対するサポートが期待できます。

 

これらは女性だけにメリットがあるわけではなく、妊活中の男性の健康に寄与するという意味で有効です。

 

妊活中からご夫婦で飲むことをお勧めしたいです。

 

ただし、葉酸もマカもスピルリナも亜鉛も過剰摂取はいけません。

 

そもそもいっぺんにたくさん摂っても効果が大きくなるわけではないので、取り過ぎる必要はないのですが、摂り過ぎは副作用の症例もありますので、上限値を超えないように注意しましょう。

 

 

 

pigeonの『葉酸プラス』は、2018年のたまひよ赤ちゃんグッズ大賞で葉酸サプリ部門の1位に選ばれたようです。

 

赤ちゃんが健康に育つことを願う女性に飲んでほしい葉酸サプリです。

 

厚生労働省も言うように妊娠初期は葉酸を食事とは別に合成型葉酸を400μg摂った方がいいのですが、葉酸プラスでは1日1粒で摂れます。

 

また、妊娠すると鉄とビタミンも不足がちになるので、それらの成分も配合されています。

 

小さめ粒で飲みやすいので、粒が苦手な女性でも支障はないと思います。

 

できるだけ胃で消化されずに腸まで届くよう工夫されているので、小腸まで届いて酵素で分解されやすくなっているようです。

 

こういっただんだんと消化吸収されることを実現するためタイムリリース加工と呼んでいるようです。

 

 

 

エレビットの口コミの中には、副作用を心配する声があります。

 

おそらく着色料として使用されている「酸化チタン」と「カルミン酸」のせいでしょう。

 

酸化チタンの発がん性の疑いやカルミン酸は急性アレルギー反応を起こすと言われているからです。

 

疑いという点では事実ですが、厚生労働省が使用を認めているのも事実です。

 

それほど神経質にならなくても良いと思います。

 

ただ、添加物一切なしとする葉酸サプリが別メーカーであるので、不安になるくらいなら、別のを選ぼうと流れても不思議ではないですね。

 

エレビットの販売店と言いますか、どこで買えるかというと病院や調剤薬局、それとオンラインショップです。

 

 

 

そろそろ葉酸を摂ろうかしらという女性は、ディアナチュラやDHCの葉酸サプリメントを選ぶ方が多いようです。

 

残念ながらコンビニでは取り扱っているお店は少なく、ドラッグストアかネットなら簡単に入手できます。

 

特にDHCは安価な点がうれしいですが、葉酸が100μgしかないので少なすぎます。

 

基本は1日400μgですので、4分の1ですね。

 

4日分を1度に飲めば、他の栄養成分が過剰になることもあるので止めましょう。

 

鉄分もカルシウムも入っていないですし、妊活中や妊娠中に摂りたい栄養素がないので、効果は期待できないと思います。

 

一方、和光堂のママスタイルは、成分表によると葉酸、鉄分、カルシウムとも入っていますが、了解できるのは葉酸の480μgだけで、鉄分とカルシウムは半分しかありません。

 

こちらも安いけど、効果は微妙でしょう。

 

人気ランキングで上位でも、どうして上位なのか気になるところです。

 

価格よりも成分重視で考えた方が良さそうです。