ディアナチュラの葉酸サプリは、系列のアサヒ研究所の開発と国内工場での製造で、厳しい管理体制の中で生産される商品です。

安全な原材料を使用することはもちろんのこと、保存料無添加・無着色で製造しています。

 

また、公益財団法人日本健康・栄養食品協会の認定「健康補助食品GMP」を取得済みで、一貫した管理体制の下、国内工場で原料材料の受け入れ、製造、製品の出荷まで実施されています。

 

葉酸サプリを飲むのに最適化時間は、ご自身の体調に合わせて都合の良い時間に飲んで構いません。

 

しいて言えば、同じ時間帯に摂ることをおすすめします。

 

葉酸サプリを飲む際は、担任を含んだ緑茶などと一緒だと葉酸の吸収を阻害するので避けて、水やぬるま湯で飲んだ方がいいです。

 

 

 

楽天では妊活サプリのマカナは販売させていませんが、Amazonでは販売されています。

 

妊活中から飲んで効果が期待できると妊活中だけでなく、妊娠中や妊娠後もご夫婦で続けられている方が多いですね。

 

評価のポイントは、マカ、亜鉛、スピルリナが摂れる点でしょう。

 

さて、購入しようと思ったら公式オンラインショップでの定期購入が良いですよ。

 

もしかしたら定期購入に躊躇される方もいるかもしれませんが、マカナの場合は、定期購入で申し込んでも1回で止めることも休むこともできます。

 

連絡方法としては、メール、問い合わせフォーム、メールとありますので、都合の良い方法で次回分の10日前に申し出ればOKです。

 

特に煩わしいことはないですね。

 

 

 

妊活中の女性が、お手頃な葉酸サプリメントとして、DHCの葉酸サプリメントを選ぶ方が多いようです。

 

ただ、すべてのコンビニで売っているわけではないので、ドラッグストアかネットなら簡単に入手できます。

 

安いのは間違いないですが、葉酸が100μgしかないので少なすぎます。

 

基本は1日400μgですので、4分の1ですね。

 

4日分を1度に飲めば、他の栄養成分が過剰になることもあるので止めましょう。

 

また、カルシウム、鉄分も入っておらず、摂りたい栄養素が不十分なので、効果は期待できないと思います。

 

他に、たとえば和光堂のままスタイルでは、成分表によると葉酸、鉄分、カルシウムとも入っていますが、了解できるのは葉酸の480μgだけで、鉄分とカルシウムは半分しかありません。

 

この商品も安いのですが、効果はないでしょうね。

 

人気ランキングで上位でも、どうして上位なのか気になるところです。

 

そのまま信用するのは難しいですね。

 

 

 

 

 

回答は、お腹の中の赤ちゃんが体をつくるための大切な時期にママの体の中の葉酸量を一定に保つ必要があって、妊娠前から、妊娠中もそうしてほしいという願いを込めて、葉酸量を多くしているとのことでした。

 

葉酸は18〜49歳で900〜1000μg/日が耐容上限量とされていて、サプリメントなどから摂る合成葉酸の上限量なので、日本で販売しているエレビットは海外のエレビットの配合をベースにして、厚生労働省が推奨する栄養の摂取基準を踏まえ、日本人女性のために新配合されたもので、安心して飲んでくださいとのことでした。

 

原産国も最終加工国もスイスで、まあ、その成分配合の影響なのか、価格はベルタなどと比べると少々お高いですが、それも致し方ないのでしょうか。

 

 

 

DHCは女性が健全な妊娠と出産ができるよう、葉酸サプリメントの正しい使用を啓発しています。

 

それにより神経管閉鎖障害の事例がなくなることを目的にしています。

 

平成29年の環境省エコチル調査によると、日本で妊娠した女性の約9割が葉酸サプリメントを適切に摂取していないことがわかりました。

 

同時に日本の過去30年間では、神経管閉鎖障害の発症数も増えていることがわかりました。

 

こういった啓発活動の平成29年度末時点での実績として、9市7町とDHCは包括的連携協定を締結したうえで、公民連携事業として4市5町が母子健康手帳交付時に葉酸サプリメントを適正に使用することの啓発とDHC葉酸サプリメントを配布することを実施しています。