ベルタ葉酸サプリの特徴は、酵母に葉酸を含ませている点です。

それによって体内での吸収率が他の葉酸と違って、葉酸を体内に滞在させる時間を長くすることができるため効率よく葉酸を摂れるようになります。

 

これは1つの効果と言えます。

 

食品に含まれるほとんどの葉酸は、ポリグルタミン酸型です。

 

葉酸は胃から小腸に移動し、小腸に存在する酵素の働きで分解されてモノグルタミン酸型に変わり、小腸で吸収されます。

 

厚労省は、400μgのモノグルタミン酸型葉酸の摂取を推奨しており、ベルタ葉酸サプリもモノグルタミン酸型葉酸です。

 

葉酸を働きをよくするため、カルシウム、鉄分、ミネラル、ビタミンを含み、無添加で、加えて6種類の美容成分を配合していることは長所と言えるでしょう。

 

ベルタ葉酸サプリは楽天のポイントで買えるので便利ですね。

 

 

 

日本人向けの葉酸サプリなのになんで英語表記だけなのか不明ですが、Lara RepublicのFolic acid supplementは巷でよく目にする「こだわりの国産野菜を厳選」して原材料にしているようです。

 

豊富なポリフェノールは自然由来で食物繊維を摂ることもできます。

 

その厳選野菜とやらを紹介しましょう。

 

大麦若葉は九州と広島県、ケールは九州と広島県、さつまいも(アヤムラサキ)は宮崎県と鹿児島県、ほうれん草は九州、南瓜と人参は北海道、桑の葉は島根県、大葉(青シソ)は新潟県・青森県・静岡県です。

 

葉酸は最終加工国がスイスの葉酸を使用し、他の栄養素も妊婦さんに必要な分を配合しています。

 

厳しい審査にパスした製品だけを出荷するらしい。

 

葉酸サプリは、少なくても妊娠初期まで継続した方がいいので、シンプルで可愛いデザインの小瓶は持ち運びやすく、錠剤が苦手な女性も飲みやすいサイズにしています。

 

 

 

ファースト葉酸(ディアナチュラ)は、口コミを見ると下痢になる危険性がある、これは副作用か?という意見を見かけます。

 

公式サイトでは一切触れていないので、メーカー見解はわからないのですが、その経験者は、添加物が体と合わないのかなと推測しているようです。

 

この商品に限らず、サプリメントはそういった事例もあるようなので、何度か続くようであれば、割り切って別メーカーの別商品にした方が良いかもしません。

 

値段がお安い商品ですから企業努力として、何らかのコストカットをしていると思われます。

 

原材料の品質や製造方法にかかわる部分でコストカットしていないでほしいですが、なんかモヤモヤするので公式コメントが欲しいですね。

 

本来であれば、葉酸は妊婦になる前から摂取したいので、いずれにしても安心して飲みたいとは思います。

 

 

 

 

 

DHCは女性が健全な妊娠と出産ができるよう、葉酸サプリメントを正しく摂取することの啓発活動をしています。

 

そして、二分脊椎症などの神経管閉鎖障害の発症例が、なくなることを目的にしています。

 

平成29年の環境省エコチル調査によると、日本で妊娠した女性の約9割が適正に葉酸サプリメントを摂取していないことがわかりました。

 

また、それまでの30年間に日本では、神経管閉鎖障害の症例が増加しています。

 

こういった啓発活動の平成29年度末時点での実績として、9市7町とDHCは包括的連携協定を締結したうえで、結果、4つの市と5つの町が公民連携事業として母子健康手帳を母親に交付する際、葉酸サプリメントを適正に使用することの啓発とDHC葉酸サプリメントの頒布を実施しています。

 

 

 

Lara Republic葉酸サプリは、回数縛りなしで定期購入がおすすめです。

 

安くなりますから。

 

ルイボスティーも人気商品ですが、そういったプレゼントやサンプル品はありません。

 

楽天よりも公式サイトで買った方が、少しだけ安いですね。

 

口コミを見ると独特な匂いが気になる方もいるようです。

 

成分表は、含有量が多い順に記載しています。

 

肝心の葉酸の順番はずっと下の方ですが、必要な量は入っていますので心配には及びません。