厚生労働省は、1日あたり400μgあればいいというのに800μgもあるので、不思議に思いカスタマーサポートにメールで問い合わせました。

回答は、お腹の中の赤ちゃんが体をつくるための大切な時期にママの体の中の葉酸量を一定に保つ必要があって、日本では、成人女性の葉酸量の上限を1日あたり900〜1000μgにしていて、この値は、食品で摂る分は除いたものであって、サプリメントなどから摂る合成葉酸の上限量なので、日本で販売しているエレビットは海外のエレビットの配合をベースにして、日本人女性向けに新しく配合したものらしく、安心して飲んでくださいとのことでした。

 

最終生産国が日本になります。

 

そういった経緯で楽天やドラッグストアで買える商品と比べて若干高額ですが、ベルタ葉酸サプリは、葉酸を酵母に含ませています。

 

それによって体内での吸収率が他の葉酸と違って、体内に葉酸をとどめておく時間が長くなるため効率よく葉酸を摂れるようになります。

 

これは1つの効果と言えます。

 

食品に含まれるほとんどの葉酸は、ポリグルタミン酸型といって天然の葉酸です。

 

葉酸は胃から小腸に移動し、小腸の粘膜にある酵素の作用でモノグルタミン酸型に分解されてから小腸で吸収されます。

 

厚生労働省が推奨する400μgの葉酸はモノグルタミン酸量として示していることもあり、ベルタ葉酸サプリもモノグルタミン酸型葉酸になっています。

 

葉酸を働きをよくするため、鉄分、カルシウム、ビタミン、ミネラルを含み、無添加で、さらに美容成分が6種類含んでいる点が特徴です。

 

なお、ベルタ葉酸サプリはamazonでも購入することができます。

 

 

 

DHCは女性が健全な妊娠と出産ができるよう、葉酸サプリメントの正しい使用を啓発しています。

 

そして、二分脊椎症などの神経管閉鎖障害の発症例が、なくなることを目的にしています。

 

環境省のエコチル調査(H29年)では、日本ではおよそ90%の妊婦が葉酸サプリメントを適切に摂っていないという結果がありました。

 

また、それまでの30年間に日本では、神経管閉鎖障害の発症数も増えていることがわかりました。

 

こういった啓発活動の平成29年度末時点での実績として、9市7町とDHCは包括的連携協定を締結したうえで、公民連携事業として4市5町が母子健康手帳を母親に交付する際、葉酸サプリメントを適正に使用することの啓発とDHC葉酸サプリメントを配布することを実施しています。

 

 

 

ベルタ葉酸サプリは、cmで見かける機会があるのでご存知の方もいるでしょう。

 

ネットショップで購入できますが、ドラッグストアなどの店舗では買うことができません。

 

afcやdhcと並んでおすすめされる商品で、利用者数が多いことで口コミも多数あります。

 

値崩れしない商品なので、どこも最安値ですが、数か月間飲むのであれば、公式サイトで買うのが得かもしれません。

 

男性用の商品はないですが、公式サイトのよくある質問の回答には、男性にも飲んでほしいとの記載がありました。

 

出産しない男性には特に葉酸の影響がないからです。

 

ビタミンAが含まれていることで、飲むことをためらう意見もありますが、それは過剰摂取した場合です。

 

妊娠初期の過剰摂取は、赤ちゃんの先天異常の危険があります。

 

偏食なしの食事、規定内の摂取であれば、一般的には、特に問題ありません。

 

飲み方は、1日4粒を目安に水またはぬるま湯などで飲みます。

 

あと定期購入の場合、簡単に解約できるのかという意見もあります。

 

もしかしたら定期購入の回数縛りが6回で、電話での解約受付のせいかもしれませんね。

 

お試しができればいいですね。

 

 

 

ファンケルのビタミンB群は、葉酸が400?配合されているので、ですから妊娠初期の女性、妊娠中の女性、授乳中の女性にお勧めです。

 

また冷え性対策として、その原因になりえる貧血を防ぐためにも葉酸やビタミンB12は有効です。

 

鉄分、カルシウムが入っていないのは、妊婦さんにはちょっと残念です。

 

葉酸は、胎児の器官を作る妊娠初期までに取っておく必要があり、妊娠中は母体の健康のためにも鉄分とカルシウムが必要だからです。

 

食事だけでそこまで完璧にするのは困難なので、栄養補助食品で補いましょうという話になっているのです。

 

もちろんファンケルに限らず、DHCやディアナチュラなどでも構いません。

 

他にもたくさん種類がありますので、一覧から選んでもいいでしょう。

 

葉酸は、天然のポリグルタミン酸型葉酸という種類もありますが、それと鉄分、カルシウムなどビタミンやミネラルが配合されている方がいいですね。

 

それと添加物の含有量には注意してください。