赤ちゃんのスキンケアで有名なアロベビーにも葉酸サプリがあります。

配合される葉酸はスイス製(最終加工国)で高品質、体内での吸収率が高いモノグルタミン酸型です。

 

厚生労働省が推奨する400μgを含みます。

 

また、妊娠期の貧血防止のため鉄分15mg、母体と赤ちゃんの丈夫な骨のためにカルシウム230mgはうれしい配合量ですね。

 

女性は妊活が始まるとミネラルやビタミンの摂取を心がけなければなりませんが、普段の食事では必要量の半分くらいしか摂取できていない実態があります。

 

世の中にはミネラルやビタミンを多種配合している葉酸サプリがたくさんあります。

 

ただ、配合量が少ない点に注意が必要です。

 

アロベビー葉酸サプリは、種類も量の十分です。

 

毎日きちんと飲むことで赤ちゃんのための必要量を満たせます。

 

それと学ぶ力がある赤ちゃんに期待して、発育に関係する9種類の赤ちゃんサポート成分を配合しているのもアロベビーの大きな特徴ですね。

 

購入については、定期での価格が初回80%割引にはじまり、2回目からは30%割引で継続します。

 

1回目の15日以内で返品可能で、定期の回数縛りがないので、うれしいポイントだと思います。

 

 

 

そろそろ葉酸を摂ろうかしらという女性は、ディアナチュラやDHCの葉酸サプリメントを選ぶ方が多いようです。

 

残念ながらコンビニでは取り扱っているお店は少なく、ネットショップなどで買う方が手軽です。

 

安いのは間違いないですが、含有成分として肝心の葉酸が100μgしかありません。

 

基本は1日400μgですので、4分の1ですね。

 

だからと言って4倍飲めばいいということではありません。

 

鉄分もカルシウムも入っていないですし、妊活中や妊娠中に摂りたい栄養素がないので、恐らく効果はないでしょう。

 

他に、たとえば和光堂のままスタイルでは、絶対に欲しい葉酸、カルシウム、鉄分はありますが、葉酸の480μgはいいとしてもカルシウムと鉄分が、推奨量の半分です。

 

この商品も安いのですが、効果はないでしょうね。

 

市販品などは、口コミなどで評判が良くておすすめかなと思っても価格よりも成分重視で考えた方が良さそうです。

 

 

 

ファンケル製のビタミンB群は、厚労省が推奨する葉酸400μgを含みます。

 

妊娠を希望する女性にお勧めできます。

 

また葉酸は、ビタミン12とともに冷え性の原因の貧血予防の助けとなります。

 

ただ、鉄&葉酸ではないので、その点は片手落ちですね。

 

最も大切なのは、妊娠式までに葉酸を摂っていることで、妊娠中は母体の健康のためにも鉄分とカルシウムが必要だからです。

 

食事だけでそこまで完璧にするのは困難なので、栄養補助食品で補いましょうという話になっているのです。

 

当然、ファンケルのビタミンb群が唯一無二の商品ではありません。

 

多くのメーカーから展開されているのでご自身に合うサプリにすればよいと思います。

 

葉酸は、天然のポリグルタミン酸型葉酸という種類もありますが、それと鉄分、カルシウムなどビタミンやミネラルが配合されている方がいいですね。

 

それと添加物の含有量には注意してください。

 

 

 

 

 

厚生労働省は、1日あたり400μgあればいいというのに800μgもあるので、不思議に思いカスタマーサポートにメールで問い合わせました。

 

回答は、お腹の中の赤ちゃんが体をつくるための大切な時期に日本で流通するエレビットは、海外版の配合をもとに厚生労働省が推奨する栄養の摂取基準を踏まえ、日本人女性のために新配合されたもので、なお、エレビットに配合される葉酸は、原産国も最終加工国もスイスで、最終生産国が日本ですね。

 

まあ、その成分配合の影響なのか、価格はベルタなどと比べると少々お高いですが、それも致し方ないのでしょうか。

 

 

 

ララリパブリックの葉酸サプリは、定期購入が可能です。

 

回数の制限はないので解約も自由です。

 

ルイボスティーも人気商品ですが、そういったプレゼントやサンプル品はありません。

 

楽天よりも公式サイトで買った方が、少しだけ安いですね。

 

口コミの個人差があるのでうのみにしない方がいいですが、大きさと匂い・味で飲み辛いという意見もありますね。

 

成分表は、含有量が多い順に記載しています。

 

肝心の葉酸の順番はずっと下の方ですが、必要な量は入っていますので心配には及びません。