ビタミンは単独で本来の働きを

するわけではありません。ビタミン同士で助け合って効果が出ます。

 

特にビタミンB1、B2、B6は、同時に摂るべきと言われています。

 

ファンケルの『ビタミンB群』は、ビタミンB群が8種類、それにそれらのと働きを支援する栄養素イノシトールも含まれています。

 

ビタミンB群には、葉酸を400μg配合しているので、妊活中の妊娠初期を迎える女性や授乳中の妊婦さんにお勧めできます。

 

もっともこの商品は、そういった女性だけの商品ではなく、ビタミンB群はエネルギーの供給や老廃物の代謝に働くので、疲れている人や体の巡りの良くない人など、利用できる人は多いですね。

 

ビタミンB群は、水溶性なので溶けやすく、どこかの臓器などに長期間保持することができません。

 

そのため『ビタミンB群』は、穏やかに吸収さえるようにし、できるだけ長く作用するように工夫して開発したようです。

 

 

 

アロベビーの葉酸サプリは、日本全国の赤ちゃん本舗など実店舗でも買うことができます。

 

福袋販売はないですが、2袋を購入するとおまけで1袋付いてくるので、その点はありがたいですよね。

 

利用者の口コミもあるので参考にはなりますが、口コミは、あくまでもその人の感想に近いもの。

 

良くも悪くもそのままそっくりご自身に当てはまることは少ないです。

 

そのためにも定期購入で1袋を入手して、まず試したうえで続けるのが難しいようであれば、15日以内に返品の手続きをすればいいですよ。

 

続けることができそうならば、妊活から妊娠3ヶ月くらいが1日あたり400μg、妊娠中期から出産までが6割(240μg/日)、授乳中は100μgを目安に継続しましょう。

 

理想を言えば、妊活中から卒乳まで続けることをおすすめします。

 

 

 

ベルタ葉酸サプリは、葉酸を酵母に含ませています。

 

それによって体内での吸収率が他の合成葉酸と異なり、葉酸を体内に滞在させる時間を長くすることができるため効率よく葉酸を摂れるようになります。

 

これは1つの効果と言えます。

 

食品に含まれるほとんどの葉酸は、ポリグルタミン酸型です。

 

葉酸は胃から小腸に移動し、小腸に存在する酵素の働きで分解されてモノグルタミン酸型に変わり、小腸で吸収されます。

 

厚生労働省が推奨する400μgの葉酸はモノグルタミン酸量として示していることもあり、ベルタ葉酸サプリもモノグルタミン酸型葉酸です。

 

葉酸を働きをよくするため、鉄分、カルシウム、ビタミン、ミネラルを含み、無添加で、さらに美容成分が6種類含んでいる点が特徴です。

 

ベルタ葉酸サプリは楽天のポイントで買えるので便利ですね。

 

 

 

Lara Republic葉酸サプリは、回数縛りなしで定期購入がおすすめです。

 

安くなりますから。

 

ルイボスティーも人気商品ですが、そういったプレゼントやサンプル品はありません。

 

楽天よりも公式サイトで買った方が、少しだけ安いですね。

 

口コミの個人差があるのでうのみにしない方がいいですが、大きさと匂い・味で飲み辛いという意見もありますね。

 

成分表は、含有量が多い順に記載しています。

 

肝心の葉酸の順番はずっと下の方ですが、必要な量は入っていますので心配には及びません。

 

 

 

エレビットは、バイエル薬品という超グローバル企業の製薬会社から販売されている葉酸サプリです。

 

葉酸が800μgも含まれているので、なんでそんなに?と思い回答は、お腹の中の赤ちゃんが体をつくるための大切な時期にママの体の中の葉酸量を一定に保つ必要があって、葉酸は18〜49歳で900〜1000μg/日が耐容上限量とされていて、これは、ホウレンソウなどの食品から摂った葉酸を加えた上限ではなく、サプリメントなどから摂る合成葉酸の上限量なので、日本で販売しているエレビットは海外のエレビットの配合をベースにして、厚生労働省が推奨する栄養の摂取基準を踏まえ、日本人女性のために新配合されたもので、ちなみにエレビットに含まれる葉酸は、原産国も最終加工国もスイスで、まあ、その成分配合の影響なのか、価格はベルタなどと比べると少々お高いですが、それも致し方ないのでしょうか。