葉酸を摂るという点でいちごの魅力

貴重な葉酸をなるべく美味しく効率よく摂取したいと思う方にオススメなのが、いちごです。

いちごで葉酸を摂る3つの理由

妊婦さんにとっては出産までは大変な苦労だとは思いますが、産まれてくるお子さんと向きあいながら素敵なお母さんになってほしいと願っています。

適度な食事によって葉酸を摂ることで、産まれてくる赤ちゃんや妊婦さんが元気に過ごせるようになれば、一番良いですよね。

日常の食事に使う材料の中には、葉酸を含む食材が結構あるものだと驚くほどです。

季節によって摂取できないものもありますが、大事なことは葉酸についても適度な摂取で様々な食材をバランス良く食べることですね。

当然、ものによっては過剰摂取は良くないですし足りないのも問題なので、うまくコントロールしていくことが大切です。

最近、食育についての話題を耳にすることが多いですが、生まれてくる赤ちゃんを育てるためにはこういった知識がとても大切だと感じます。

ほうれん草、レバー、卵など様々な食品から摂取出来る葉酸ですが、水溶性のビタミンなので水洗いや加熱調理などで、水に溶け出し排出されるという特徴を持っており、その吸収率は約30%ほどです。

必須栄養素でありながら「貴重な栄養素」とも言えるかもしれません。

そこで、貴重な葉酸をなるべく美味しく効率よく摂取したいと思う方にオススメなのが、いちごです。

今回はオススメの理由を3点に渡ってお伝えしたいと思います。

オススメ理由1(高い含有率)

いちごには100gあたり約90μgの葉酸が含まれており、含有率一位のライチにつぐ第二位。※第三位はマンゴーで85μg

オススメ理由2(手軽に入手出来る)

いちごはもスーパーや青果店、コンビニなどでも購入でき、非常に入手が容易にというのも嬉しいポイント。

オススメ理由3(レシピバリエーションが豊富)

いちごは、ケーキやパフェなどにも多く使われており、アイディア次第では様々なバリエーションで楽しむことができます。

・・・

以上3点が葉酸を摂取する際にいちごをオススメする理由でした。

最後に補足になりますが、先に述べたように葉酸は加熱調理の際に多くが排出されてしましますので、いちごで摂取する際には生の状態が比較的効率よく摂取することができるでしょう。

また、妊婦さんの1日当たりの葉酸摂取推奨量は440μg。

これは大粒のいちごに換算すると約150粒にもなるので、いちごは葉酸が摂取出来る食材の一つのバリエーションとして捉えておく事がいいでしょう。

なにはともあれ、いちごは貴重な葉酸を摂取できるお手軽で美味しい食品であることには間違いないので、皆さんもぜひ積極的に食べてみて下さい。"